みんなでブレスト

お題を出す

新しいアイデアは、既にあるアイデアとアイデアの組み合わせによるものがほとんどです。
これを実現するためには、ポイントを突いたできるだけ多くの知識が必要となります。
さらにこれら知識と知識を組合せて、新しいアイデアを創造する力も必要となります。

これは何も特別なことではなく、誰でも訓練次第である程度のスキルアップを図ることが可能と言われています。

"みんなでブレスト"はこの具体的な訓練のために作られた学習メニューです。
積極的に参加することで、知らぬ間に良質な知識を幅広く蓄積、アイデア発想力や論理展開力などもどんどん高まっていくはず・・・

できるだけ多くのお題について、他人の意見を吸収し、自らも積極的に議論に参加していきましょう。
これは良い!と思う他人の意見に"スマ!"ボタンをクリック、賛同表明していくだけでも訓練になりますよ!

*有料会員の方については評価の対象となります(評価の内容についてはこちら


  • コメ
  • スマ
Date: 2016/06/14
個人商店が商品の配送サービスをしやすくなったら?
  • 3
  • 0

個人商店が商品の配送サービスをしやすくなったら?

昨今、大手スーパーマーケットなどではネット販売とともに宅配サービスを行うようになっていますが、このような配送サービスについてわずかでも有償とする場合は「貨物自動車運送事業法」の規制対象となります。このため、小売業者が宅配サービスしようとすれば、免許を持つ専門の物流事業者へ委託するか、もしくは必要経費を含めて完全無償サービスとするかしかなく、市中の小規模店舗などが配送サービスを導入しやすい環境にはありません。これについて、ガソリン代のなど必要経費のみの徴収、「運送サービス」への対価としての有償性がない場合に限定して、規制緩和することが検討されています。

このような規制緩和の恩恵を最も受けそうな小売業には何があるでしょうか?またその小売業における配送サービスの拡大により購入者の買い物スタイルや、これらに関連して変化しそうなビジネスやサービスには何がありそうですか?

直接的な変化にとどまらず、その派生・波及的な変化も含めて、ざっくばらんに「風が吹けば桶屋が儲かる」的なノリで、楽しんでブレストして頂ければと思います。
もちろん他の方の発言内容に補足、のっかる、応用する等も大歓迎です。

<補足事項>この成果を活用し「未来創造サイト」(http://www.yano.co.jp/mirai/index.html)のコンテンツとして編集・掲載予定です。<参考資料>規制改革に関する第4次答申はこちらをご覧ください。http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/committee4/160519/item1.pdf

流通・小売(通販含む)
(変化の)派生・波及・影響
小売店舗  配送サービス  規制改革 

SMARTER X SMARTER
未来創造