みんなでブレスト

求める味とは?


求める味とは? 食が多様化し、他国の料理も日本で食べられるようになりました。
そこで、今まで海外や国内で出会った忘れられない味はありますでしょうか?
また、このような新しい味を食してみたいなどありますでしょうか?
なんでも結構です。
前向きにブレインストーミングしていきましょう!
ジャンル: 農業・林業・水産業
検討タイプ: (実体験での)気付き・発見
タグ: 食  料理  アイデア 
投稿者: grenfild
投稿日: 2017 / 01 / 19

コメントをするにはログインまたは会員登録(無料)が必要です。

@mimozaさん >

なぜか、純粋な日本茶がイギリスで売れるような気がしてきました。今度の首相も地味の中に華やかさがあるので、なぜかそのような感じがします。純粋な日本茶を日本のイメージでお店を出して展開してみたいと思います。

  • grenfild 2017 / 01 / 17 21:51
  • 0

@grenfild >
私もフレーバーティーというよりも、実はできれば純粋な日本茶がもっと人気になるといいと思っています(フレーバーティーはあくまでもより興味を持ってもらうための入り口)。少し前にミニマリストやシンプリストという言葉が流行りましたが、日本茶も一見シンプルだからこそ人を惹きつけるのではないかと思います。もちろん、そこにはそれなりのストーリーや誠実さは必要かもしれませんが。

  • mimoza 2017 / 01 / 19 09:32
  • 0

@mimozaさん >

もう一つお聞きしたいのですが、

>インバウンドなら先日触れたフレーバー緑茶はいい案だと思いますし、海外で>となるとまた違う案が必要だと思います。

海外で売る際には、どのような案が考えられますか?

  • grenfild 2017 / 01 / 13 13:10
  • 0

@mimozaさん >

早々にお返事ありがとうございます。

私の考え方ですが、特に外国人、日本人という枠組みではなく、基本概念として将来、日本茶がこのように展開される流れについて考えました。

ですので、インバウンドや国内需要、海外展開に関わらず、日本茶がどのようなものになった方が長続きするのかという観点で見ています。

ですので、永年にわたって安定して日本茶が収益を維持できる状態にするにはどうしたらいいかということを考えていました。

ですので、実情の日本を日本人を含め知っていくということは、日本茶の収益を長続きさせるコツなようなものと考えますが、mimozaさんはいかがお考えでしょうか?

サードウェーブも次の段階に入ったようで、mimozaさんのいう通り、ロスタリーショップが流行るみたいですね。2018年にはスターバックスが中目黒に店を開くようですね。

これら以外にワインテイスティングのように日本茶のテイスティングが常時できるコーナーがあるといいなと思います。鼻で感じ、舌で転がしながら味わい、飲み心地を感じ、お茶本来の味を確かめる。私も日本各地の日本茶について、よくわかっていないところがあるので、新茶から死ぬまでに全て味わってみたいと思います。各日本の地域によって、フレーバーを入れなくとも、甘みのあるお茶があるかもしれません。舌で味わって、微かな甘味を感じ取るという試みは多様な日本茶の世界を堪能する(長続きさせる)きっかけになると思います。

フレーバーのついた日本茶からそちらの方向に持っていくのもいいのですが、フレーバーは香りが強く印象が残りやすいので、日本茶=フレーバーティーになると紅茶の部類に入り、なかなかニッチな感じにはならず、他のティーに香りが負けてしまうような気がしますが、いかがでしょうか?

  • grenfild 2017 / 01 / 13 11:08
  • 0

@mimozaさん >

今日の朝、調べていたら、シンガポールにありました。TWGというお店で、高級茶葉を販売しているようで、日本人の観光客をメインに売っています。日本人の観光客をターゲットに売っていたのには、寂しい気持ちと残念な気持ちで一杯です。日本でやれたらよかったのにと。お店はマリナベイというカジノがある近くにあります。

これからは、日本で今までなかった方法で、日本茶を販売する時が来ると思います。今は、日本へ海外から旅行客が多く来ていますが、生まれ育った環境が多く関わっているので、本来の日本文化についてはまだ知られていないのが実情です。築地の映画が最近出ましたが、興味があると感じるのは、猫が住み着いているところというのも寂しいものです。

実情の日本を知る。これが次のステップだと感じます。

そういった意味で、様々なメディアを通して、本来の日本文化の奥深さを一歩一歩着実に知ってもらう試みが必要だと感じます。

今は、どうも海外でお店を出す旧来の方法をとり、食品を提供していますが、だんだんと飽きられて、おまけに高いので、お客が離れています。提供されることよりも自らが自らの意思で決断しやってみて、自分の感覚を使ってその物と向き合い良さを体験する。そして、それが自分にとってどれほどいい物で愛される物なのかということを知ることがまず先決だと思います。

私は、お店の一角で実際に作る工程を見せて(茶室で亭主が抹茶を作る)茶器にはラベルが貼られており、わかりやすく説明のボードも出しておくと面白いかなと思います。省スペースで茶葉を栽培するのも面白いかもしれません。

mimozaさんの言う通りサードウェーブがいいと思うのですが、どのようなお店のレイアウトにしたいですか?
また、mimozaさんは、この体験する知るという意味では、どのような方法やマーケティング、ビジネス手法を用いればいいとお考えでしょうか?

  • grenfild 2017 / 01 / 12 16:37
  • 0

@grenfild >
grenfieldさんはどこで何の展開を想定していますか?日本国内で日本人に改めて日本茶の良さを認識させるのか、日本国内で日本茶のインバウンド需要を広げるのか、海外で日本茶の良さを発信するのか、それとも日本茶以外のお茶全体としての世界を広げるのか。日本国内で改めて日本茶の良さを認識させるのであれば、サードウェーブがいいと思いますし(店の中ではもちろんコーヒーのロースタリーのように焙煎する工程、入れる工程は見せ、試飲なども気軽にできる。お茶の場合は茶葉を栽培しているのもいいですね!体験するという意味ではお茶を作る工程に少し参加してもらって、自分ごとにするのもいいと思います)、インバウンドなら先日触れたフレーバー緑茶はいい案だと思いますし、海外でとなるとまた違う案が必要だと思います。

  • mimoza 2017 / 01 / 13 10:10
  • 1

@mimozaさん >
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

確かにペットボトルで売らなくとも自動コーヒーマシーンでお湯が出るといいですね。

そして50mlくらい(コップ1杯分)のボトルの開発は、抹茶も作れて楽しそうです。案を出してみます。

世界では、コンビニに量り売りのお菓子が売っています。
ですが、心臓病の問題があり、大半は塩など添加物の多量で亡くなっています。
そういった意味で、mimozaさんの添加物を少なくするチョコレートやクッキーは非常に重要になってきます。
チョコレートであれば、本来の味であるカカオの分量を増やし添加物を少なくする。クッキーであれば、バーターなど色々入っているので吟味して、本来の味を再現する方がいいと思います。

アプリもあるといいですね。抹茶、コーヒー、紅茶についての知識が読めたり、歴史を知れたり、多種多様な作り方が知れたり。

日本のようにお茶に興味があり、お茶文化がもう少し良くなるにはどのような方法やビジネスがあるとお考えでしょうか?

  • grenfild 2017 / 01 / 06 15:55
  • 0

@grenfild >
あけましておめでとうございます。 お茶文化についてですが、台湾ではペットボトルのお茶がほとんど甘いですし(緑茶でも)、日本でもフランス人のオーナーが緑茶にフレイバーを付けたものを売っていたりしますよね。スタバのティバーナでも緑茶系のフレーバーティーがありますし、外国人にとって、緑茶も別のお茶も同じような感覚なのだなと思います。 コーヒーと同じように考えるなら、緑茶のサードウェーブとか面白いかもしれないですね。

  • mimoza 2017 / 01 / 12 10:59
  • 1

世界中のインスタント食品(ラーメンや缶詰)あるいは冷凍食品を販売しており、イートインできるお店。ランチなどで需要あるのでは?

  • oopsman 2016 / 12 / 29 10:32
  • 0

@mimozaさん >
ホットなミネラルウォーターからどのような派生があるとお考えですか?

  • grenfild 2016 / 12 / 28 14:12
  • 0

@grenfild >
コンビニにコーヒーマシンが定着しましたが、日本茶マシンがあるといいと思います(ペットボトルではどうしても淹れたてのお茶にはかなわないので。。。)

  • oopsman 2016 / 12 / 29 10:29
  • 0

@grenfild >
ホットなミネラルウォーターがあるなら、冬向けにホットなアイスクリーム(もはやアイスクリームではないですが。。。)や、夏向けに冷たいおでんや肉まん、唐揚げがあってもいいと思います。

  • oopsman 2016 / 12 / 29 10:34
  • 0

@grenfild >
シンプルなホットミネラルウォーターしか考えていなかったのですが、冷めにくいボトルだとか、そんなに多くはいらないので、安くてコップ一杯くらいの量のものがあればいいなと思います。それこそコーヒーマシンでお湯だけを30円くらいで買えるとか。 ミネラルウォーターからははずれますが、「お客様に任せるビジネス形態」という点では、コンビ二で量り売りの何かがあってもいいのかなと思います。例えば小さいチョコレートとかクッキーとか。そしてもしそのチョコレートとかクッキーの砂糖の量も選べるとうれしいですね。

  • mimoza 2017 / 01 / 06 14:04
  • 1

@mimozaさん >
ホットなミネラルウォーターが市場に出てきたらと思うとイメージがぐんと広がります!

自分好みの味があるからこそ、シンプルなものが求められると思いました。
紅茶の味を出すにしても、人それぞれですし、そうであるからこそ生まれる新たな需要も出て来ると思います。
需要とは、紅茶やインスタントコーヒーの新たな可能性と需要、新たな水筒の開発(茶葉対応など)。
お客様に任せるビジネス形態は面白いですね!

  • grenfild 2016 / 12 / 28 14:10
  • 0

数年前にホットの炭酸飲料が発売されて話題になりましたが、ちょっとずれるかもしれませんが、私はミネラルウォーターのホットがコンビ二に売っていればうれしいです。(ホットのペットボトルはお茶以外甘い、お茶はカフェインが入っているので、できればお湯が飲みたい)

  • mimoza 2016 / 12 / 27 15:58
  • 1

油を使わないチャーハン。

  • grenfild 2016 / 12 / 22 13:30
  • 0

太い蕎麦

  • grenfild 2016 / 12 / 22 13:30
  • 0

味のするうどん。(醤油、ゆずぽんなど日本の調味料)

  • grenfild 2016 / 12 / 22 13:29
  • 0

お題を出す

コメント投稿する

お題の出題者が求めているブレストを貴方のコメントでリードして下さい。
(貴方が有料会員ならコメント投稿という姿勢が評価されます。)

スマ!ボタンで賛同を示す

他の人のコメントを良いと思ったら、賛同の意味を込めてボタンをポチッとお願いします。
貴方の1クリックが、貴方自身の評価とコメント投稿した方の評価につながります。
(評価は有料会員に対してのみ行われる機能です)

Res Resボタンで返信する

他の人のコメントに加えることがあれば返信スタイルでコメント投稿をお願いします。
貴方の返信がブレストを発展させていくことでしょう。
(有料会員ならば返信コメントも評価対象です。)


SMARTER X SMARTER
未来創造