インターンシップと今時の大学生の価値観

先日、当社でもインターンシップを実施しました。

グループワークの一環で、今時の学生さんの価値観や特徴出しをしてもらいました。

出てきたキーワードの中で特に大きな部分を占めていたのは、「不安」、「失敗したくない」、「何がしたいか分からない」です(ポジティブなワードがほとんど出てきていなかったのは、個人的には残念ですし、本当にそうなのかな?と思っています)。

このうち、「何がしたいか分からない」ことはどの時代もそれほど変わりない学生さんの特徴であるように思いますので、「不安」「失敗したくない」という2つのキーワードが彼ら自身の考えた今時の大学生の特徴であるようです。

この2つの中身としては、「不安」の一番の要素は就活についてでした。インターンシップ生だからという偏りはあるかもしれませんが、中でも、「何がしたいか分からない」ことが一番の理由で、先ほどの特徴とループしています。

もう1つ、「失敗したくない」というのは、小さい頃から「ゆとり世代」というレッテルを貼られ、自分自身でも気づかないうちに型にはまってしまい、だからこそ、期待に沿わない(失敗する)ことはしたくないという気持ちがあるようです。

なんだか、聞けば聞くほど、、、周りから与えられたイメージや環境の中でがんじがらめになってしまっている気がして、やはり彼ら自身の感じるポジティブなワードを出してきてほしかったと思ってしまいました。

今回のグループワークのテーマは、「まいにち、修造!」カレンダーの大学生バージョンを作ることだったのですが、世間の「売り手市場」というイメージとは裏腹に、例年以上に学生さんの不安感を感じた今年、彼らこそ、心を元気にしてほしいです。